Everybody Knows リマスター盤

SONIA80年代後半から90年代初頭まで大ブレークした、PWLの秘蔵っ子、ソニアのベストアルバムが20年の時を経て再販されるようです。

このアルバム、日本でも1990年に東芝EMIから発売されていましたが、今では入手困難になっていますが、今回はボーナス・トラックも追加されたお得なリマスター盤のようです。

オリジナル20周年を記念して再販するようですので、持っていない人はこの機会に是非入手したほうが良いと思います。

ちなみに私は、東芝EMIのオリジナル盤を持っていますが、ボーナストラック目当てで、リマスター盤も買う予定です。今から楽しみです。
dp59021568 * 音楽 * 23:58 * comments(2) * trackbacks(0) * - -

The Rising Sun のジャケット

RISING_SUN_RS
1年以上、すっかり更新をサボっていました(^^;
曲は聴いているんですが、積極的に載せるようなネタが無いんですよね。。
それはさておき、珍しいジャケット画像が手に入ったので載せることにしました。


以前、Danielle Deneuve へのインタビューという記事に書きました、The Rising Sun のジャケットです。その昔、このジャケットを見た時とても印象的でした。薄らと頭の残像として残ってはいましたが、今見ると物々しいですね。

原爆開発(マンハッタン計画)には、天才物理学者アインシュタインが絡んでいると言われています。アインシュタインが原爆開発にサインしたことは事実で、広島の原爆投下の元凶はアインシュタインにあると非難する声は根強いと思います。

RISING_SUN_RS
しかし、アインシュタインは、ナチスに核を持たせるよりはマシだと考えていたようですし、日本に原爆を落とさぬよう大統領に要請したとも言われています。真実は謎ですが、今や北朝鮮やイランの問題で核の話題は尽きません。核の無い世の中になって欲しいものです。
dp59021568 * 音楽 * 00:49 * comments(3) * trackbacks(0) * - -

Everlasting Love (PWL 12")

Everlasting Love
長年探し続けてきた、Sandra の Everlasting Love (PWLリミックス) の音源を入手しました。過去、プロモーションのみ配布された CDS は入手が難しくなっており、幻盤と化してしまいました。


しかし、本曲が収録されたコンピレーションアルバム Summer Klub 80 がポーランドの Klub80.pl からリリースされました。 PWL ファンには、涙が出るほど嬉しい内容(なんと Extended で収録)で、さっそく取り寄せてみました。

サンドラと言えば、日本ではアラベスクのボーカルとして有名かもしれません。日本国内では1970年代後半から1980年代初頭で、そこそこヒットしていましたが、以外にも本国のドイツ(正確には旧西ドイツですかね)では、アラベスクそのものが不発でした。1984年にアラベスクが解散し、ソロで Maria Magdalena を大ヒットさせたことを契機に、ヨーロッパ各地で支持を得たとされています。

そんな彼女のヒット曲の1つである、Everlasting Love を、PWL のピート・ハモンドがリミックスを手がけた本曲ですが、オリジナルの良さを壊すことなく、当時のハイエナジとユーロポップの中間のようなサウンドに仕上げた本曲の出来は最高です。言葉では表現するのが難しいのですが、この秀逸なサウンドが再び聴けることが出来て良かったです。
dp59021568 * 音楽 * 00:02 * comments(3) * trackbacks(0) * - -

Tides Of Darkness

Tides Of Darkness普段からダンスミュージックに限らず色々な音楽を聴いているのですが、今年から未知の音楽に手を伸ばしてみようと、比較的入りやすいこの手の音楽、ジャンルで言えばシンセサイザ・ダンスにチャレンジしてみました。チャレンジと言っても、まずは聴いてみないと良し悪しが分からないので、海外のフォーラムで話題になっていたので、なんとなく釣られて購入してみました。

もともと、このジャンルは 80年代のイタロディスコの血筋を持ち、歌はほとんど無く、アングラっぽく、(かなり)怪しげなボーコーダボイスが時折入るインストゥルメンタル中心の曲がほとんどのようです。

購入した CD はフィンランドのシンセサイザ・ダンス製作グループである、Electron の Tides of Darkness というアルバムなのですが、一通り聴いてみると分かるのですが、 80 年代初期のイタロディスコの雰囲気が色濃く残っています。今やイタロディスコは過去となった音楽ですが、姿形を代えて、現在も曲が製作されているというのは、驚きでした。

このアルバムの中で非常に出来が良いと思った曲は、1942 年のドイツ・ソ連のスターリングラード攻防戦をテーマとした Lights of Stalingard という曲で、音はやや硬めながらも耳障りが良く、起承転結がはっきりしているので初心者でも判り易い曲です。曲の進行はアグレッシブですが、感傷的な旋律なのでツボにハマると、ヘビーリピート必至です。もう、クセになりそうです(^^;

1. Fight to Death 5:50
2. Tides of Darkness 8:22
3. Light of Stalingard 6:29
4. Air Strike 6:42
5. Sleeping Lair 4:54
6. Space Walk 3:41
7. Infinity 4:31
8. Adventures 5:15
9. Careless Play 7:01
10. The Call of Wilderness 6:52
11. Katana Fighter 6:39
12. The Victory 7:12

dp59021568 * 音楽 * 02:25 * comments(0) * trackbacks(1) * - -

Fly Away

Revil O
せっかくのまとまった時間が取れる冬休みなので、読書でもしようとフラっと入店したブックオフで Revil O の Fly Away の 中古 CD を見つけたので、購入してみました。あまり国内では見かけない CD なので、年末ちょっと得した気分です。


2002 年リリース、原産国はドイツで、ミステリアスかつ美しいメロディと、泣きが入りそうな程切ない女性ボーカルもので総じて好みの曲でした。Extended がクセの無いスタンダードなナンバー、王道的な作りで一番良かったと思います。

王道的な作りと言っても、爆発を予感させるようなブレイクが入るのものの、結果はそんな事は無く大人しくリズムを刻むに留まり、盛上がりには今ひとつ欠けています。盛上がりよりはメロディを優先させた。そんな曲でした。良い曲ではあるは間違いないのですが、あまり印象には残る曲ではありませんでした。

そういえば、本を買いに行ったのに買い忘れました(^^;
dp59021568 * 音楽 * 02:59 * comments(0) * trackbacks(0) * - -
このページの先頭へ