<< COME RAIN COME SHINE / JENN CUNETA | main | HOLD ME ON YOUR HEART / STRAVAGANZA >>

Danielle Deneuve へのインタビュー

Daniell Deneuve
80年代のイタロディスコサウンドをストリーム放送をしている海外のネットラジオ局のサイトに、当時のアーティストであったDanielle Deneuve のインタビュー記事(2005/12/22付)が掲載されていました。この時代は、「一発屋」という言葉で代表されるように、様々なアーティストが現れては消え、消えては現れ、、、そんな時代でした。


バイオグラフィ不明、さらには実在人物かどうかすら不明な当時のアーティストが多い中、このインタビュー記事というのは、貴重な情報ではないでしょうか。少なくとも彼女が実在する人物であったことは間違いありません。その記事によれば、

彼女はデンマーク出身、本名 Dorte Kristensen 1948/6/4 生まれ。19才から舞台に立ち、ロックや JAZZやフォークといったジャンルのボーカルを経て、アーティスト名義 Denielle Deneuve では 1983 年 Le Parisien でデビュー。39ヶ国にリリース。現在は、ソーシャルワーカーとして活躍中。とのことでした。

私が彼女の曲のなかで印象が強いものは、1985 年リリースの太平洋戦争と原爆投下をテーマとした THE RISING SUN があります。レコードジャケットも "きのこ雲" という印象的なものでした。日本軍による真珠湾攻撃、原爆投下指示、広島へ原爆投下という3部構成の男性ナレーションを交え、戦争と平和を歌う哀愁イタロ。時折見せる勇ましい曲調もそうですが、曲の演出と展開から放出される臨場感と、彼女の切なさ溢れるボーカルが聴く者を熱くさせる、実にクオリティが高いイタロなのです。曲のテーマはアレですが、お勧めの1曲です。
dp59021568 * 音楽 * 01:40 * comments(0) * trackbacks(0) * - -

コメント

コメントする









トラックバック

このページの先頭へ