<< Fly Away | main | Everlasting Love (PWL 12") >>

Tides Of Darkness

Tides Of Darkness普段からダンスミュージックに限らず色々な音楽を聴いているのですが、今年から未知の音楽に手を伸ばしてみようと、比較的入りやすいこの手の音楽、ジャンルで言えばシンセサイザ・ダンスにチャレンジしてみました。チャレンジと言っても、まずは聴いてみないと良し悪しが分からないので、海外のフォーラムで話題になっていたので、なんとなく釣られて購入してみました。

もともと、このジャンルは 80年代のイタロディスコの血筋を持ち、歌はほとんど無く、アングラっぽく、(かなり)怪しげなボーコーダボイスが時折入るインストゥルメンタル中心の曲がほとんどのようです。

購入した CD はフィンランドのシンセサイザ・ダンス製作グループである、Electron の Tides of Darkness というアルバムなのですが、一通り聴いてみると分かるのですが、 80 年代初期のイタロディスコの雰囲気が色濃く残っています。今やイタロディスコは過去となった音楽ですが、姿形を代えて、現在も曲が製作されているというのは、驚きでした。

このアルバムの中で非常に出来が良いと思った曲は、1942 年のドイツ・ソ連のスターリングラード攻防戦をテーマとした Lights of Stalingard という曲で、音はやや硬めながらも耳障りが良く、起承転結がはっきりしているので初心者でも判り易い曲です。曲の進行はアグレッシブですが、感傷的な旋律なのでツボにハマると、ヘビーリピート必至です。もう、クセになりそうです(^^;

1. Fight to Death 5:50
2. Tides of Darkness 8:22
3. Light of Stalingard 6:29
4. Air Strike 6:42
5. Sleeping Lair 4:54
6. Space Walk 3:41
7. Infinity 4:31
8. Adventures 5:15
9. Careless Play 7:01
10. The Call of Wilderness 6:52
11. Katana Fighter 6:39
12. The Victory 7:12

dp59021568 * 音楽 * 02:25 * comments(0) * trackbacks(1) * - -

コメント

コメントする









トラックバック

【ダンスミュージック】の口コミ情報を探しているなら

ダンスミュージック に関する口コミ情報を探していますか?最新の検索結果をまとめて、口コミや評判、ショッピング情報をお届けしています…

From 人気のキーワードからまとめてサーチ! @ 2008/01/23 9:00 AM
このページの先頭へ