O'CHI BROWN

O'chi Brown今となっては幻盤と言っても過言ではない、オーチー・ブラウンのアルバムを再入手しました。再入手というのは、過去に所有していたことがあったのですが、その後、大学生時代にお金に困ってた時期がありまして、当時所有していた CD を片っ端から中古屋に売っぱらってしまったの1枚なのでした(^^;


彼女は Stock/Aitken/Waterman が手がけたイギリス出身の実力派のシンガーで、彼らが黄金時代を迎える前の、大変貴重な音源が収録されています。このアルバムのトップに、100% Pure Pain という曲が収録されているですが、この曲は、当時の洋楽ラジオ番組で耳にして好きになった曲で、今でもよく覚えています。

当時のクラブミュージックに多く見られた、弾けるような打ち込みベースのダンスナンバーで、とても美しいエレクトリック・キーボードのフレーズが耳に心地良く残ります。彼女の歌声も素晴らしく、特に切なげながらのBメロがキャッチー。コーラスワークも冴えわたり、秀逸という言葉がぴったりです。

その他、このアルバムには、目玉とも言える貴重な曲が収録されていまして、その後の1987 年に Rick Astley によってカバーされることになり、日本においても、ディスコを中心にオンエアーされまくり、大ヒットに至った Whenever You Need Somebody のオリジナルが Extended で収録されています。(オーチーのオリジナルも全米ダンスチャート1位を記録しています。)

ちなみ、Morrison/Washbourn プロデュースの曲も数曲収録されていました。
dp59021568 * 音楽 * 01:33 * comments(5) * trackbacks(0) * - -

DIVING / 4 STRINGS

DivingCarlo Respoort は音の魔術師のようだ。。。先日 4 Strings の Diving の CDSを入手し、聴き終えたときの私の感想です。本曲は、Madelyne の Beautiful Child など多数の名曲を作りだしてきた Carlo Respoort 氏による 4 Strings 名義の作品のようです。


本曲も例外なくシャープな音使いで、ついつい聴き入って自分の世界に入ってしまいそうな、氏の音の製作技術は、まるで魔術師かと思ったわけですよ。私が入手した CDS はオランダの名門レーベル Liquid のもので、収録状況は下記でした。

・Radio Vocal Mix
・Original Vocal Mix
・Hiver & Hammer's Different Gear Remix
・Original Mix
・Cosmic Gate Vocal Mix
・Minimalistix Vocal Mix

この中では、Minimalistix がとても良かったです。軽快とダークとシリウスが重ね合わさった感じの曲調ですが、 Vanessa の伸びやかで透明感のあるボーカルが見事に溶け込み、良質な作品に仕上がっていました。お勧めです
dp59021568 * 音楽 * 00:55 * comments(0) * trackbacks(0) * - -

Bananarama - 12 Inch Collection


Bananarama
Bananarama と言えば、80年代に活躍していたイギリス出身のポップグループですが、当時、ディスコ通いして遊んでいた人であれば、きっと誰も知っていることでしょう。そんな彼女らの 12インチコレクションを先日購入しました。



知っている曲もあれば、知らない曲もありますが、このアルバムに収録されている I Heard a Rumour (邦題:噂)は、当時はディスコでもラジオでもよくかかっていた曲で、とても懐かしく思い出深いです。

1987年の PWL の S.A.W によるプロデュースで、当時の PWL らしい音使いで聴きやすい曲です。各社の 80年代コンピで Edit ながらも、たびたび収録されるお馴染みの曲ですが、12" で改めて聴いてみると、この曲の極みは間奏に尽きることに気がつきます。あっさりとしつつも、煌びやかなシンセワークに加え、リズミカルなベースライン、そして突然の転調にハッとさせられると思いきや、自然とBメロに流れていく曲の構成。素晴らしい出来です。

懐かしさと素晴らしさで、2度美味しくいただけました。
dp59021568 * 音楽 * 01:40 * comments(0) * trackbacks(0) * - -

STARS ABOVE US / SAINT ETIENNE

Stars Above Us過去にはよく聴いてましたが、もう何年ぶりになるのでしょうか。久々にSaint Etienne の CD を購入してみました。そもそも Saint Etienne がまだ活動しているとは知りませんでした。もともと派手な活動をしてきたわけではありませんが、以外とファン層が厚く、息の長いアーティストなのかもしれません。


彼らのアルバム Tales From Turnpike House からシングルカットされた本曲ですが Saint Etienne お得意のレトロ感のある爽やかな曲に仕上がっています。全体的にシンプルな音使いなのですが、曲を包み込むようなノスタルジックな雰囲気が、聴いていて気持ちがいいですね。実に彼ららしい1曲です。

Saint Etienne といえば過去には Sylvie や He's On The Phone あたりがヒットしましたが、すっかり彼らを追いかけていない私ですが、個人的には本曲も良い出来だと思いました。人気が出れば Vol.2 も発売するのでしょうかね。。頑張って欲しいものです。
dp59021568 * 音楽 * 03:01 * comments(1) * trackbacks(0) * - -

MEMORIES / ROSE

Memories
ずっとずっと探していていましたが、情報がつかめず、入手を諦めかけていたRose の Memories の音源を、ひょんなことから入手しました。Rose と言えば、Magic Carillon, Perfect Time, I Wanna Be Your Love など80年代に数多くの名曲を残した、正体不明のアーティストです。


多数の名義で活動していたようで、実在する人物かどうかはいろいろと説があるようです。何かのライナーノーツに,イタリアでディスコを経営しているといった記事も拝見したことがあります。実際のところ、どうなのでしょうかね? 今も経営しているのでしょうか?

以後も、Rose 名義は@社系のコンピで見かけるアーティスト名義ですが、私的には、80年代の曲が光輝く曲が多いと思います。(歌ってる人も違うみたいな印象がありますし。。) Memories という曲、おそらく日本ではほとんど知られていないと思いますが、1986年に本国イタリアで Disco Magic からリリースされました。Gianfranco Bortolotti のプロデュースの本曲は、音楽は歌はもとより雰囲気で楽しむものだ、という彼の一貫した音楽性が垣間見ることができます。


どこかで聴き覚えのあるイントロ、80年代の雰囲気バリバリの緊張感のあるシンセフレーズ、遠くから脳裏を刺激するリング・アルペジオ、胸が張り裂けそうになる切なくセクシーな Rose の歌声。素晴らしすぎます。何度聴いても飽きることのない永遠不滅の名曲です。長いこと探した甲斐がありました。

ところで Gianfranco と言えば、イタロハウスの名曲 Touch Me/49ers などもプロデュースしていたんですね。知りませんでした。。
dp59021568 * 音楽 * 02:22 * comments(0) * trackbacks(0) * - -
このページの先頭へ