WHY CAN'T WE / D-WAVE

D-WAVE
マイナーながらも良い曲というのは、存在するのですね。おそらく、国内ではあまり知られてないていないかもしれませんが、最近聴いた曲ではトップクラスのクオリティでした。


本作品は、ドイツ Blutonium レーベル傘下の Trianon から 2004/10/21 リリースされたボーカルトランス。D-Wave は、Rydstorm と Jon Larsson そして、ボーカルを務める Alyssa こと Sara Sundberg によるスウェーデンを拠点とするユニットで、Digital Wave の略称だそうです。

Rydstorm と Jon Larsson は小学生時代からの友人で、高校を卒業後、軍務のために別れたそうですが、1999年に再会。2人で音楽を作り、mp3.com で代表されるインターネット音楽配信ビジネスで生計を立てたことに由来しDigital Wave と名付けたそうです。

肝心の本作品ですが、アップリフティングで躍動感のあるシンセトラックと深みのある哀愁ボーカル、ドラマティックで壮大に展開するブレイク、シンセリフが素晴らしい出来で、聴きやすく良作ですね。ドイツZYX 社からリリースされている、これまたマイナーなコンピアルバム FEMALE VOCAL CLUB HITS Vol.1 に収録されています。

写真の女性は、ボーカル担当の Alyssa さん。美貌で美声の1982生まれの若きシンガーです。今後も彼らの活躍に期待しています。

dp59021568 * 音楽 * 02:29 * comments(0) * trackbacks(0) * - -

PIECE OF HEAVEN / AKIRA

PIECE OF HEAVEN
AKIRA (アキラ) さん、名前が日本人みたいです。本人と思われるジャケットの AKIRA さんは、なんで目をつむっているんでしょうかね?(^^;


本作品は、彼女のデビュー作で、初めて聴いてときから好きでした。2年前にリリースするや否や大ヒットして、今現在も発売される国内トランスコンピに収録されるほど、いまだに人気が衰えません。聴きやすい歌声で、幸せいっぱいに ♪ラ〜ラ〜ラ〜 は、きっと誰もが一度聴いたら忘れられないと思います。

それからは、EXTENDED 収録された CD を探していましたが、大ヒットした割りには、未だにシングルカットされることなく、、、諦めていましたが、YESASIA の通販サイトで EXTENDED 収録されているコンピアルバムを発見。さっそく購入してみましたが、EDIT を無理やり長くしたような感じで、大きな差はありませんでした。でも、良いものはやはり良いですね。

レーベルメイトの CASCADA のライバルとも言われている AKIRA といえば、ドイツ ANDORFINE レコード所属で、幼少時期から歌が好きで若干9歳でステージデビュー、モデルの経験もある多才な人物のようですね。ANDORFINE のレーベルオーナー CENTRAL SEVEN が IBIZAで発掘したボーカリストと言われています。

セカンドシングル WANNA BE WITH YOU も聴いてみましたが、こちらも良い出来で人気があるのも肯けます。これから注目のアーティストさんです。


dp59021568 * 音楽 * 02:21 * comments(0) * trackbacks(0) * - -

愛は吐息のように

TAMARA
左記のマキシCDS ですが、ちょうど1年ほど前に、ジャケットの色の使い方が単純ながらも好印象で、それだけで買った(いわゆるジャケ買い)の類なのですが、封も切らずにほったらかしにしていました。

今日、初めて聴いてみましたが、イントロを聴いてすぐにピンときました。というのも、どこかで聴いたことがある歌でした。聴きはじめて1分弱、、、その歌が何であるかがわかりました。

この歌は、Berlin (ボーカルはテリー・ナンが担当)が歌った同名曲のカバーで、1986年トム・クルーズ主演の世界最高峰のパイロットを養成するエリート学校と、その訓練生の日常物語を描いた「トップガン」のテーマ曲、TAKE MY BREATH AWAY でした。当時、サントラ CD が各国で発売され、日本でも大ヒットを記録し「愛は吐息のように」と邦題がつけられました。当時、全米においては No.1 をマーク。同年のアカデミー賞最優秀主題歌賞も受賞しています。

肝心の TAMARA さんのカバーの出来ですがが、ごくごく有り触れたダンスポップリメイクでした。もちろん、悪くはないのですが、印象には残りにくい仕上がりといいましょうか、可もなく不可もなくと言ったところでした。なお、この CDS には、マライア・キャリーが歌った HERO (ヒットしましたね)のダンスポップカバーもカップリング収録されていました。

この曲の興味深いことは、TAME MY BREATH AWAY を作曲者は、実はミュンヘンサウンド時代の DONNA SUMMER をプロデューサーしたことでも知られるジョルジオ・モルダーだったこと。これには、びっくりしました。まさか、彼の名がここで出てくるとは。名曲は一握りの天才により創作されるということでしょうか。。

なお、TAMARA(タマーラ)さんは、北アイルランドで FUTUREFORCE が発掘した新人アーティストで、本曲がデビュー作のようです。曲の出来は、HERO の方が良いと思います。
dp59021568 * 音楽 * 23:55 * comments(0) * trackbacks(0) * - -

TIME IS THE HEALER / RIVA

RIVA
いわずと知れたトランスの名曲ですが、2002年の RIVA の TIME IS THE HEALER を聴き返してみました。久々に聴きましたが、いつ聴いても素晴らしいです。


おそらく、本曲は Armin Van Buuren Remix が有名なリミックスだと思いますが、私も Armin が一番好きです。イントロは秒針がサンプリングされ、ダッチトランス全開の壮大な空間がとにかく最高です。

この曲のボーカルは MICHELE NATHAN が担当していますが、サビで披露されるフランジャーエフェクトされた歌声が、あまりにも切なく、胸がはち切れそうになります。サビの後のブレイクの入り方も、実にカッコイイですね。

しかしながら、国内トランスコンピに収録されていないところを見ると、日本では不人気だったのでしょうか。版権の問題なのかも知れませんが。。
dp59021568 * 音楽 * 01:14 * comments(0) * trackbacks(0) * - -

MAYBE THIS TIME / NORMA LEWIS

NORMA LEWIS
NORMA LEWIS のベストアルバムを中古ショップで入手しました。欲しかったわけでもないのですが、250 円と格安で、ついつい手を出してしまいました。音楽好きの性ですね。。


調べた限りでは国内 CD には収録されていないところを見ると、ハイエナジの最盛期 80年代当時はマイナーだったのでしょうか。曲の詳細は良くわかっていないのですが、83年にリリースされ、その後、いくつかリミックスもリリースされています。98 年には QUEEN NADINE がカバーしていましたね。

イントロがオーケストラから始まり、ブラスとピアノ、コーラスワーク、ノリの良いメロディ、そして熱く歌い上げる NORMA LEWIS の歌声は実にキャッチー。曲の展開と雰囲気が、どこか BOYS TOWN GANG の CAN'T TAKE MY EYES OFF YOU に似て、アナザーソング的な仕上がりを見せています。万人受けしてもおかしくない良曲です。
dp59021568 * 音楽 * 01:38 * comments(0) * trackbacks(0) * - -
このページの先頭へ